ダメージなしで毛穴をキレイにするスクラブを使用しなくては危険性が高まります

洗顔では、汚れやメイクの他に角質を落とすことも重要なポイントとしています。
そのため1週間に1〜2回程度のスクラブ洗顔が美容家からも推奨されています。
以前のスクラブ洗顔は、プラスティックビーズなども使用されていたため、肌を傷つけるような摩擦もありました。
この場合は、頻繁にスクラブ洗顔料を使用しただけ、肌ダメージが蓄積してしまいます。
プラスティックビーズは、とても細かい粒子で洗顔料に入っているのでマイクロビーズとも呼ばれています。
これは自然に帰る力がないので、排水から流れて処理しきれないので、皮や海に流れるリスクがあるそうです。
そして、マイクロビーズを食べた魚が体の中に有害物質を持つので、環境にも悪影響を及ぼします。
食物連鎖状の大きな問題として現れますし、肌を傷つけることを考えても、スクラブ洗顔に使用するのは控えた方が良いです。

ところがスクラブ洗顔剤も進化していますし、身近なものがスクラブとして使用できる事が分かってきました。
汚れの吸着力も高い天然クレイ成分が使用されていると、ゴシゴシ擦らなくても角質除去が出来ます。
皮脂吸着成分も配合していると、ターンオーバーも促進して、スキンケアの浸透力が高くなります。
その他にグルコマンナンを活用したスクラブ洗顔フォームもあります。
グルコマンナンはこんにゃくいもから取れる成分です。
洗顔でこんにゃくスポンジを使うと優しい角質除去が出来ます。
この仕組みを利用してスクラブ洗顔に利用すると、肌を傷つけることなく毛穴の中までキレイに出来るのです。

マイクロビーズを使用したスクラブ洗顔では頻繁に角質ケアが出来ませんでした。
スクラブ成分が肌にも環境にも優しい成分になってくると、角質の蓄積が気になる方は少しケアの頻度を上げることも出来ます。

わざわざスクラブ洗顔料を購入するのはもったいないと考えるなら、洗顔フォームを泡立ててから、重曹を入れて泡洗顔するのもオススメです。
50g程度が3袋になっては言っていても、重曹1箱なら100円以内で購入できますし、スーパーで売っているのも手軽で便利です。

スペシャルケアでスクラブ洗顔をすると汚れ落ちが不十分な時もリカバーできるだけの効果を発揮します。
角栓が毛穴に詰まっている時も、肌を温めてスクラブ使用をすると汚れは落としやすいですね。
また、天然由来のスクラブ成分も、粒子は細かければ細かいほど、毛穴から肌の隅々まで汚れを掻き出してくれます。
細かい粒子は肌に刺激を与えませんし、ざらつきを気にしながら洗顔しなくて良いので安心です。
"