スキンケアは基本が最も大事です。そこで洗顔の方法も基本から見直しましょう。

洗顔方法にはオススメのものがたくさんありますが、アレンジした方法を試す前に、基本的な方法から見直しましょう。
基本の洗顔を理解してから、洗顔料も肌タイプに合わせて選ぶと、美肌に近づくのが簡単になります。

まず、洗顔では手を洗うところから始めましょう。
手は雑菌が付く可能性が高く、最も汚れている場所なのです。
33度くらいのぬるま湯で、顔全体をしめらせる様にしてプレ洗顔をしましょう。
それから洗顔料を泡立てて使用します。

手の平で泡立てても良いですが、ホイッパーや洗顔ネットを利用した方が時間も短く、クリーミーな泡が作れます。
苦手な人は泡洗顔料を使うと便利です。
どんな洗顔料を選ぶかは洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキングを参考にしてもよいでしょう。
作った泡を顔に乗せていきます。
おでこなどのテカりやすい場所から洗い始めて下さい。
目元は皮膚が弱くデリケートなので、擦る必要はありません。
泡だけ乗せていれば優しく汚れを吸着します。
洗顔料は20回以上、33〜36度のぬるま湯ですすぎましょう。
すすぎ残しがあるとニキビなどの原因になるので、鏡でチェックしながら流して下さい。
タオルで拭く時は、必ず清潔なものを使用して、ごしごし擦るのではなく、そっと押して水分をタオルに吸わせる感じにしましょう。
そこからすぐにスキンケアに移ります。

ここまでが洗顔の基本となる流れです。

夕方はメイクを落とす必要があるので、クレンジングのステップを加えるだけで構いません。
乾燥肌の人や年齢によって皮脂の分泌が少ない人は、ダブル洗顔を避けましょう。
クレンジング剤だけでもかなり汚れが落ちますので、肌の皮脂が失われない工夫が欠かせません。

洗顔料の選び方も大切で合成界面活性剤の入っていない弱酸性のものを使用して下さい。
界面活性剤は肌の油分を過剰に落とし、表面の水分状態を悪くします。
基礎化粧品である程度は補えますが、使用しない方が安心です。
洗浄成分には自然由来の成分が使用されているかの確認が必要なのです。

お湯の温度も33〜36度で洗顔するのには理由があります。
食器洗いでも油汚れが酷いとお湯で洗うと思います。
人の皮脂もお湯の温度が高ければ、かなりの量を洗い流すことが出来るのです。
熱いお湯は肌の温度も上げますが、必要以上に皮脂を洗い流して乾燥肌の原因になるため少しぬるめの温度が適正です。

洗顔方法と洗浄成分を厳選しながら、基本ステップを守った洗顔をするのが理想的です。
肌トラブルが目立つ場合は、タイプ別の洗い方を検討することで改善しやすくなります。